齢について

先週、体調を崩した。 思い当たることといえば、一日中半袖で過ごしたことと、献血センターで血を400ml抜いたことくらいだ。 かつてのバイト先にいた、すべてが両津勘吉そっくりな上司が 「男はよ、女と違って生理がないから献血とかで定期的に血を抜いたほ…

Netflixマイリスト一覧大公開!

【劇映画】 『オードリーとデイジー』Netflixオリジナル 『KAMIKAZE TAXI』 『劇場霊』 『浮草たち』Netflixオリジナル 『シロメ』 『雄鶏の血』 『逆転の日』 『キャット・ファイト』 『モンガに散る』 『アイム・ソー・エキサイテッド!』 『ホーム・イン…

『海がきこえる』という夢をみました 【特集:それでも夢の話をする】

私はこれから、夢の話をします この間、二度寝した。 朝の6時半に一度起床し、コーヒーを飲みながらテレビをみたりして過ごしていたけど、やっぱり眠いのでまた布団に潜り込んだ。冬とはいえ、陽は完全に昇っていた。カーテンを開けた窓から差し込むサンシ…

まあまあだけど楽しんでいる方です

埼玉県内にある某大学に行ってきた。知らない町をぶらぶらするのは楽しいが、その延長として知らない大学の構内に入るのも楽しい。大学は概ね広い。僕の通っていた大学はかなり狭い方だったので、その他の大学はどこも大抵広く思える。隣の大学は広い。 その…

跳梁、2018

2018年が始まって1ヶ月が経とうとしている。2008年は、僕が高校3年生だった年だ。田舎の高校で、悩んだり開き直ったりを繰り返していた。いまでもそれは変わらない。この1ヶ月の間ですら悩んだり開き直ったりを繰り返し、去年の10月とくらべて体重が5キロ減…

自宅鑑賞映画(2017年12月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com ここ最近はどの映画を観ても楽しいとか心浮き立つ感動を覚えなくなってしまったので、Netflixで「殺し屋」「ヒットマン」と検索して出てきた映画を中心に観ることにしました。好きだからです。 『その女諜報員 アレッ…

2017年公開映画ベストワースト色んな賞

【2017年公開映画ベスト10】 1位 ナイスガイズ! 2位 ベイビー・ドライバー 3位 ハードコア 4位 ザ・コンサルタント 5位 ローガン 6位 ゲット・アウト 7位 T2 トレインスポッティング 8位 この世に私の居場所なんてない 9位 哭声/コクソン 10位 …

『バイオハザード リベレーションズ アンベールドエディション』の"レイドモード"に取り憑かれた男

もう何度も何度も書いているけど、ここのところ映画や小説といった「物語」に触れてもまったく集中できないので、もっぱらゲームに没頭している。それも『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』に入っているミニゲーム「レイドモード…

ふたり映画のススメ

gingerweb.jp 先日、Twitterにてある記事が賑わった。ひとりで映画を観たいけどちょっとハードル高く感じているアラサーシングル女性に向けて書かれた記事なのだが、これが一部で炎上したのだ。たしかにとても野暮な話ではある。余計なお世話は人を苛つかせ…

自宅鑑賞映画(2017年11月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『マリアンヌ』(11/4) Amazonプライムビデオで鑑賞。小さいころの「洋画」の感触を思い起こすような一本。超面白い、というか妙に心地良い。ゼメキスの演出はもちろん、スティーヴン・ナイトの脚本による後味も好…

今年のエモかった瞬間ランキング42位

駐輪場で同じアパートに住んでる東南アジア系の男女に会った。交際してるのか結婚してるのか定かではないけど、たまに見かける人たちだ。後方に立つ僕に気づかない様子の2人。不意に女性の方が男性のほっぺにキスをした。続けてお尻を撫でた。かと思えば、…

あれもこれも面倒くさい/『「狂い」の構造~人はいかにして狂っていくのか?~』

僕は本当にTwitterが大好きなので、眠れない夜なんかはバズったTweetにぶら下がる異常なテンションのアカウントを片っ端からブロックすることで充足感を得ている。一方で、ギョッとするような事象にぶつかることも多々ある。はっきりと違和感を覚える言動や…

自宅鑑賞映画(2017年10月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『マギー』(10/2) Netflixで鑑賞。こんな暗い話だったの!?と愕然としました。義母の扱いが、父性強調のためにぞんざいに感じられますね…… 『恋人たち』(10/3) Netflixで鑑賞。劇場鑑賞以来だけど、三者三様が…

架空の上司と戦おう!

「融通」だの「柔軟性」だのとご高説を垂れるくせに当のテメエは柔軟性のかけらもなく独自の『仕事論』を押し付けそんな自分を棚に上げるばかりか「センス」というワードの頻出する説教を決まってこちらの業務が立て込んでいるときに始める本来なら誰からも…

Where is my mind? Here!

※今回の内容には映画『ノック・ノック』のネタバレが含まれております 心に不安の種があると映画や小説をうまく咀嚼できない、ということはこれまでにも何度も言ってきたのだけど、僕はもうここ数年ずっとそれだ。頭も感情も物語についていけないまま、一向…

埼玉のいいところ

『埼玉のいいところ』 Lyrics:MCバー坂 www.youtube.com うるせえ馬鹿 海ねえからなんだ 東京までだいたい電車一本 池袋もほぼレペゼン埼玉 東上線 埼京線 関根元 どんどんアゲていこうぜレートにテンポ 御託はもう十分だろ 飲み込むバイブス やばい名産物 …

我がS極たち

三連休を利用して沖縄に帰ることになったのは良いものの、スタンリー・キューブリックや恩田陸や大学時代にブログを愛読していた風俗嬢がそうであるように、僕も飛行機が苦手なのでした。風俗嬢も同じ理由を書いていたが、根本的に鉄の塊を信用していないか…

自宅鑑賞映画(2017年9月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『ネイキッド』(9/2) Netflixで鑑賞。結婚式当日の1日を全裸スタートで何度も繰り返す新郎版『恋はデジャ・ブ』。「どう式場まで駆けつけるか」から「なぜ自分は全裸なのか」に目的が移っていくのも楽しい。ただ…

落書き犯はだれだ?/『ハノーバー高校 落書き事件簿』

Netflixで『ハノーバー高校 落書き事件簿』を観た。全8話ほぼイッキ見だった。 白昼の落書き事件 それは2016年3月15日に起こった。 ハノーバー高校の教職員用駐車スペースに停められた車27台に、スプレーによる卑猥な落書き(ペニス27本!)が描かれていた。…

マーファカナイト

寒い町から友人が来た。ここでは便宜上【君のフランチェスコ】と呼ぶ。彼は「僕の大学時代の友人の、高校時代の後輩」だ。自分でもいまいちピンときてないので、読み返しやすいように太字にしました。つまり大学が同じわけではないので、大学を卒業するまで…

我が懸賞生活

ポストに不在連絡票が入っていたので確認すると、送り主のところに「Tジョイ」と書いてあった。Tジョイといえばシネコン会社だ。なにかが当たったに違いない。そう確信して、過酷な労働を強いられている運送会社に再配達を依頼した。すべての労働がもっと楽…

他意無

とにかくお金がない。慢性的な金欠。もちろんその責任は自分にあるのだけど、お金がないので反省や未来のための計画立案にカロリーを割く精神的余裕もない。そういうことにして怠けたい。殺したくなるから説教も遠慮したい。渾身の反省もポーズでしかない。…

自宅鑑賞映画(2017年8月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『クラウン』(8/4) Netflixで鑑賞。この監督はずっと子供対大人を描いている。 『ドラゴン×マッハ!』(8/4) レンタルDVDで鑑賞。過ちは犯すものの、正しい道にしがみつこうと戦う男たちの話。アクションも文句…

【スコット×麻薬カルテル】2本立て/『バーニング・ブラッド』&『デンジャラス・プラン 裏切りの国境線』

vs麻薬カルテル 現代のハリウッド映画における「敵」は、テロリストから麻薬カルテルに移行しつつある。かくいう僕も麻薬カルテルものが大好きだ。ドラマで言うと『ブレイキング・バッド』を始めとして『ナルコス』、『オザークへようこそ』と傑作揃い。あの…

能動的絶対生存宣言

小学生のころ、ある本を読んでいてとても印象的な言葉に出会った。それはトンチを利かす小坊主が活躍するシリーズもので(たぶん)、夜道で出くわすと必ず質問をしてくるという怪僧との問答の中に出てきた(と思う)。 「“生きている者”とは?」 「“必ず死ぬ…

日本版『ファーゴ/FARGO』の舞台は血にまみれた埼玉!/『GYODA』

日本にも『FARGO』はあった 今度の舞台は日本の関東 作中キーワード 【爬虫類専門店 Exotic Pleasure】 【埼玉県警】 【城石組】 【須藤会】 【窪田会】 【カップル】 【工藤姉弟】 【殺し屋】 【闇の森公園】 日本一気温の高い地獄 脇を固める市井の人々 そ…

彼女がオリTに着替えたら

かねてからの約束だった初デートの日、待ち合わせ場所である東武東上線成増駅に現れた彼女は真っ白な無地Tシャツを着ていた。 違った。 無地じゃなった。 「それなに?」 「これ?」 「うん」 「もっとよく見ていいよ」 僕は眉根を寄せながら腰を折って顔を…

我が家にハンドスピナーがやってきました

みさなんこんにちは(*^^*)v 先日迎えた誕生日に、ハンドスピナーをいただきました。 巷で話題になっているのを知りつつも、なかなか手が出せなかった代物。人からいただいたことで、まっさらな気持ちで向き合えそうです。 それでは早速、ハンドスピナーと言…

自宅鑑賞映画(2017年7月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『コーヒーをめぐる冒険』(7/1) Netflixで鑑賞。外が土砂降りの雨なのでコーヒーを飲みながら。予備知識ゼロ。とてもよかった。親に内緒で大学中退した二ートが自分の違和感と向き合うまでの話。出てくる人とのち…

我が家にタクティカルペンがやってきました

こんにちは(*^^*)v! 早速ですが、誕生日プレゼントとしてS&W社のタクティカルペンをいただきました。 やったー! ずっと欲しかったので、とても嬉しいです! タクティカルペンとは S&W社のタクティカルペン。 S&W社といえばリボルバーなどで有名な銃器メー…