埼玉のいいところ

『埼玉のいいところ』 Lyrics:MCバー坂 www.youtube.com うるせえ馬鹿 海ねえからなんだ 東京までだいたい電車一本 池袋もほぼレペゼン埼玉 東上線 埼京線 関根元 どんどんアゲていこうぜレートにテンポ 御託はもう十分だろ 飲み込むバイブス やばい名産物 …

我がS極たち

三連休を利用して沖縄に帰ることになったのは良いものの、スタンリー・キューブリックや恩田陸や大学時代にブログを愛読していた風俗嬢がそうであるように、僕も飛行機が苦手なのでした。風俗嬢も同じ理由を書いていたが、根本的に鉄の塊を信用していないか…

自宅鑑賞映画(2017年9月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『ネイキッド』(9/2) Netflixで鑑賞。結婚式当日の1日を全裸スタートで何度も繰り返す新郎版『恋はデジャ・ブ』。「どう式場まで駆けつけるか」から「なぜ自分は全裸なのか」に目的が移っていくのも楽しい。ただ…

落書き犯はだれだ?/『ハノーバー高校 落書き事件簿』

Netflixで『ハノーバー高校 落書き事件簿』を観た。全8話ほぼイッキ見だった。 白昼の落書き事件 それは2016年3月15日に起こった。 ハノーバー高校の教職員用駐車スペースに停められた車27台に、スプレーによる卑猥な落書き(ペニス27本!)が描かれていた。…

マーファカナイト

寒い町から友人が来た。ここでは便宜上【君のフランチェスコ】と呼ぶ。彼は「僕の大学時代の友人の、高校時代の後輩」だ。自分でもいまいちピンときてないので、読み返しやすいように太字にしました。つまり大学が同じわけではないので、大学を卒業するまで…

我が懸賞生活

ポストに不在連絡票が入っていたので確認すると、送り主のところに「Tジョイ」と書いてあった。Tジョイといえばシネコン会社だ。なにかが当たったに違いない。そう確信して、過酷な労働を強いられている運送会社に再配達を依頼した。すべての労働がもっと楽…

他意無

とにかくお金がない。慢性的な金欠。もちろんその責任は自分にあるのだけど、お金がないので反省や未来のための計画立案にカロリーを割く精神的余裕もない。そういうことにして怠けたい。殺したくなるから説教も遠慮したい。渾身の反省もポーズでしかない。…

自宅鑑賞映画(2017年8月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『クラウン』(8/4) Netflixで鑑賞。この監督はずっと子供対大人を描いている。 『ドラゴン×マッハ!』(8/4) レンタルDVDで鑑賞。過ちは犯すものの、正しい道にしがみつこうと戦う男たちの話。アクションも文句…

【スコット×麻薬カルテル】2本立て/『バーニング・ブラッド』&『デンジャラス・プラン 裏切りの国境線』

vs麻薬カルテル 現代のハリウッド映画における「敵」は、テロリストから麻薬カルテルに移行しつつある。かくいう僕も麻薬カルテルものが大好きだ。ドラマで言うと『ブレイキング・バッド』を始めとして『ナルコス』、『オザークへようこそ』と傑作揃い。あの…

能動的絶対生存宣言

小学生のころ、ある本を読んでいてとても印象的な言葉に出会った。それはトンチを利かす小坊主が活躍するシリーズもので(たぶん)、夜道で出くわすと必ず質問をしてくるという怪僧との問答の中に出てきた(と思う)。 「“生きている者”とは?」 「“必ず死ぬ…

日本版『ファーゴ/FARGO』の舞台は血にまみれた埼玉!/『GYODA』

日本にも『FARGO』はあった 今度の舞台は日本の関東 作中キーワード 【爬虫類専門店 Exotic Pleasure】 【埼玉県警】 【城石組】 【須藤会】 【窪田会】 【カップル】 【工藤姉弟】 【殺し屋】 【闇の森公園】 日本一気温の高い地獄 脇を固める市井の人々 そ…

彼女がオリTに着替えたら

かねてからの約束だった初デートの日、待ち合わせ場所である東武東上線成増駅に現れた彼女は真っ白な無地Tシャツを着ていた。 違った。 無地じゃなった。 「それなに?」 「これ?」 「うん」 「もっとよく見ていいよ」 僕は眉根を寄せながら腰を折って顔を…

我が家にハンドスピナーがやってきました

みさなんこんにちは(*^^*)v 先日迎えた誕生日に、ハンドスピナーをいただきました。 巷で話題になっているのを知りつつも、なかなか手が出せなかった代物。人からいただいたことで、まっさらな気持ちで向き合えそうです。 それでは早速、ハンドスピナーと言…

自宅鑑賞映画(2017年7月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『コーヒーをめぐる冒険』(7/1) Netflixで鑑賞。外が土砂降りの雨なのでコーヒーを飲みながら。予備知識ゼロ。とてもよかった。親に内緒で大学中退した二ートが自分の違和感と向き合うまでの話。出てくる人とのち…

我が家にタクティカルペンがやってきました

こんにちは(*^^*)v! 早速ですが、誕生日プレゼントとしてS&W社のタクティカルペンをいただきました。 やったー! ずっと欲しかったので、とても嬉しいです! タクティカルペンとは S&W社のタクティカルペン。 S&W社といえばリボルバーなどで有名な銃器メー…

今度は後処理!/『ジョン・ウィック:チャプター2』

『ジョン・ウィック:チャプター2』を観た。キアヌ・リーヴスが柔術ベースの格闘術とコンバットシューティングを組み合わせた画期的なアクションを披露して話題を呼んだ殺し屋映画の続編。キアヌ、殺し屋、銃、格闘術、復讐と、個人的に好きな要素だらけだっ…

書き下ろし短編:『ゼラチン』

生理がきて外も雨だから、せっかくの休日がさっさと終わってほしいだけの日曜日。 この先期待することなんてなにひとつないかのように、私は機微のない心をもてあましている。こんな日にふっと生きることやめに走ったりしかねないかもなあ、なんてことを思う…

自宅鑑賞映画(2017年6月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『ヘッドショット』(6/3) Netflixで鑑賞。『ザ・レイド』の監督ギャレス・エヴァンスはアクションに関してとても繊細な目を持っていると思う。少なくとも今作みたいに「頑張ってる」感を凄みで圧倒できない、みた…

書き下ろし短編:『式では泣かないタイプです』【後編】

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 我が文芸部の部室のドアには、星のカービィのシールが貼られている。ボロボロになって腐敗の進んだゾンビみたいなやつで、一年のころに先輩に聞いたところ、先輩の先輩の先輩の代からずっとあったものらしい。ドアに…

書き下ろし短編:『式では泣かないタイプです』【前編】

16:00~ ホームルーム終了後に現れた加藤たちと教室の後ろの方でまんこからピーナッツを飛ばすおばさんの話をしていたら、すぐ近くを女子バレー部の若本紅愛が通りかかったので違う話に変えた。僕の学ランが消えた話だ。もともとはこちらが本題だった。 学…

拳大のアダマンチウム/『LOGAN/ローガン』

『ローガン』を観た。 メキシコ国境沿いのざらついた風景の中、ローガンはリムジンの運転手として働いている。アルツハイマーが進行するプロフェッサーXとともに余生を海上で過ごすべく、船を買う資金を稼いでいるのだ。そんな彼は片脚を重そうに引きずり、G…

自宅鑑賞映画(2017年5月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『親友のカミングアウト』(5/5) Netflixで鑑賞。苦労は描くけど誰も敵にはしないスタンスが心地いい。幕切れのタイミングが好き。 『ワイルド・スピード/MEGA MAX』(5/12) Amazonプライムビデオで鑑賞。荒唐無…

ノルウェージャン・コック

村上春樹を読み始めた。 これまで村上といえば龍だと思っていた僕は半ばネタ化した村上春樹像にしか触れてこなかったので、ほんとうにスパゲティを茹でながら射精するようなキザな話ばかり書いている人なのだろう、と思っていた。いざ読んでみるとまあそん…

書き下ろし漫画『初デート』

//

ジェームズ・ガンにありがとう/『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

僕はジェームズ・ガン監督が2010年に撮った『SUPER!』という映画が大好き。オールタイムベストを聞かれるとまずこの映画が浮かんでくる。 「人生で完璧だった瞬間が2つある」という冴えない中年男が、そのうちの1つである最愛の妻を地元のドラッグディーラ…

『GGG』計画

不労所得のことばかり考えているのは根っからの荒くれ者だからだ。この傲慢さを保ち続けなければ、そのまま朽ち果ててしまう。 何かを残せさえすれば、何かを残さなければという気色悪い焦燥から解放されるかもしれない。 最近、部屋にある10キロのダンベ…

「身内」と「マルチ」で韻が踏める

GWが終わり、外はすっかり夏の空気に満ち始めている。僕の頭は不労所得のことでいっぱいだ。なんて素敵な言葉だろう。字面は地味なのに、意味は最高。こういう女の人がタイプだ。不労所得といえば、僕の親類も一時期「ぜったい詐欺です」って感じのマルチ…

自宅鑑賞映画(2017年4月編)

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com 『甘い人生』(4/4) Netflixで鑑賞。キム・ジウンはやっぱりアクションシーンがカッコイイ。イ・ビョンホンが痛めつけられ復讐するまでの話を妙にふわーっとしたナレーションで煙に巻く変な映画。楽しかった。 『…

書き下ろし短編:『ばりくそ慕情』

仕事に向かう環奈を玄関まで見送ったあとでコーヒーを淹れ、ミニテーブルの上にあった博多通りもんを口に放り込んで、あ! しまったと、おれは咀嚼をやめる。 これは彼女が最後の一つとして大事にとっておいたものなのだ。 日曜日。 久しぶりの友人に会って…

書き下ろし短編:『歓待』

部屋を一通り掃除して疲れて横になったところに発作がきて、俺はまた壁に穴を開ける。情けなくて嫌になる。薬を切らしたばかりだからだ。粘着ローラーで毛やほこりを巻き取ったばかりのカーペットに仰向けになった俺の眺める天井はやけに高くて、それこそ十…