自宅鑑賞映画(2017年10月編)

 

 

sakamoto-the-barbarian.hatenablog.com

 

 

 

 

『マギー』(10/2)

f:id:sakabar:20171102081656p:plain

Netflixで鑑賞。こんな暗い話だったの!?と愕然としました。義母の扱いが、父性強調のためにぞんざいに感じられますね……

 

 

 

『恋人たち』(10/3)

f:id:sakabar:20171102081956p:plain

Netflixで鑑賞。劇場鑑賞以来だけど、三者三様が見せる届かない相手への独白と、その独白を拾おうとする視野の外にいた人たちの存在が熱く胸を締め付ける。

 

 

 

『ボーダーライン』(10/5)

f:id:sakabar:20171102082648p:plain

Netflixで鑑賞。相変わらずエミリー・ブラントの扱いが酷すぎるが、デルトロのモラルの向こう側に行ってしまったかのような闇のような目がたまらない。悪魔のような相手に悪魔のような制裁を下す、そんな私怨すらも巨大なパワーに管理されてるという徒労感。あとなんだかんだヴィルヌーヴは外連味の人で、そこが好き。

 

 

エクスペンダブルズ3/ワールド・ミッション』 (10/10)

f:id:sakabar:20171102082837p:plain

Netflixで鑑賞。 劇場で2回観た際は血が出ない、アクションのカット割りが見づらいなどで不満でしたが、改めてみると後半のドンパチも大まかなアクションの流れがちゃんと連ねられていて、グンと好きになりました。良い!

 

 

『ヒーロー・ネバー・ダイ』(10/14)

f:id:sakabar:20171102083429p:plain

Netflixで鑑賞。最高。恥ずかしげもなくエモい。そこがとてつもなく良い。

 

 

 

グリーン・インフェルノ』(10/14)

f:id:sakabar:20171102085246p:plain

Netflixで鑑賞。丁寧だなと感じる点はわかるけど、好きではないといった感じ。イーライ・ロスの映画はちょっと苦手かもしれません。

 

 

 

アウトレイジ ビヨンド』(10/18)

f:id:sakabar:20171102085558p:plain

レンタルBlu-rayで鑑賞。初見時は話の筋を見失っていましたが今回はちゃんと追えた!目をガン開きした桐谷健太と塩見三省、ジャージ姿の三浦友和が特に良い。

 

 

猿の惑星:新世紀 ライジング』(10/22)

f:id:sakabar:20171102085900p:plain

レンタルBlu-rayで鑑賞。深夜のバルト9でウトウトしながら観て以来でしたが、いい。戦車の砲台視点で猿たちの突撃を見せる画が最高。

 

 

 

ザ・コンサルタント』(10/23)

f:id:sakabar:20171102090300p:plain

Netflixで鑑賞。今年の1月ぶり。2度目は敵側の挙動にも注意が向いてより楽しかった。

 

 

 

『ノック・ノック』(10/24)

f:id:sakabar:20171102090438p:plain

Netflixで鑑賞。ただでさえ気持ちが浮かないときに観てしまったためか、心から最低な気分に。1時間40分のピンとこない説教を受けたような徒労感。もうここは意地でも、不条理劇成立のためにキチガイ側に都合よくことが進む点を受け入れたくない。浮気男制裁だけならまだしも、喘息持ちのルイスの件はしょうもねえ戯言で片付けさせてはいけない。初期の黒澤映画なら犯人は死刑!掃除して帰れバカ。

 

 

 

『セキュリティ』(10/25)

f:id:sakabar:20171102090649p:plain

Netflixで鑑賞。深夜のモールで籠城戦。大好きなシチュエーションなぶん不安もあったけど思いの外気持ちのいい映画で大満足。バンデラス最高!

 

 

 

『キッズ・リベンジ』(10/28)

f:id:sakabar:20171102091337p:plain

Amazonプライムビデオで鑑賞。なあなあに着地させないオチが好き。あとお姉ちゃんかわいい。

 

 

 

 『キアヌ』(10/29)

f:id:sakabar:20171102090843p:plain

Netflixで鑑賞。キアヌかわいい!コメディ映画だからこそ映える外連味溢れる銃撃戦メソッドが活きてた。メソッドマンも最高。アメリカ人はすぐ愛する対象でカレンダーを作る。

 

 

 

以上、13本!