柄シャツの合わせ方革命

 

夕陽がまぶしすぎる。

 

ワクチン3回目接種のためお休み中。熱こそでなかったものの、ずっとだるい。でもワクチンを打っていなくても毎日だるかったので、もはや副反応かどうかも定かではない。だが僕は確実に昨日の自分より強くなっている。今日も窓辺で風に吹かれながら2時間寝ました。

 

すごくいい天気が続いている。昨日は朝起きてすぐにAmazonプライムビデオで『流出封印動画2』を観た。かつて大蛇の生贄にされた巫女の伝説が残る地に肝試しに来た大学生グループが想像を絶する目に遭う「姦姦陀羅(かんかんだら)」からさっそく画面酔いしてしまい、後半までずっと気持ちが悪かった(霊障)。でも全体を通して楽しい作品でした。高確率で動画に映っている人たちの現在が散々である点など、攻撃的なスタイルが好きです。

 

それから連続して『さがす』を鑑賞。監督の過去作『岬の兄妹』が全然好きではなかったのでかなりなめてかかったのだけど、断然こっち派。俳優陣が軒並みすごい。もっとこうしてほしかったというわがままな気持ちがノイズになっていたのは申し訳ないと思いつつも、倒れたクーラボックスのシーンの刺すような遣る瀬無さが忘れられないので、観てよかったです。

 

そして今日は韓国映画の『ビースト』を鑑賞。フランス映画『あるいは裏切りという名の犬』のリメイク作品。猟奇殺人事件の犯人を追うライバル同士の刑事たちがそれぞれ汚い秘密を抱えながら踏んだり蹴ったりする話。『あるいは~』は高校生のころ、近所のレンタルビデオ店で借りたのは覚えていますが内容は完全に抜けております。今作は楽しみつつも、要素を足しすぎて散漫だなという印象は中盤あたりからずっと残るはめに。殺人鬼か犯罪組織かのどちらかに焦点を絞ってくれればもうちょっと……どっちも好きな要素だけに難しいのは百も承知ですが……。ちなみに韓国映画における朝鮮族の描き方問題に関しては最近意識するようになりました。僕自身、無邪気に楽しんでいた時期があり反省しております。『新しき世界』の延辺の殺し屋とか。

 

それ以外の時間はずっと服に関して調べていました。よく見るファッション系ユーチューバーの人が言っていたのですが、柄シャツの合わせ方アドバイスに衝撃を受けました。

 

「柄に含まれている色を拾って、その色のボトムスを合わせる」

 

だそうです。

 

腰を抜かしてしまいました。

 

たぶん僕が知らなかっただけで「そういうもんだよ」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。何となく知っている世界の約束事は、ときに声に出して人に伝えたほうがいいのかもしれません。僕のように帰り道を知らない人間も大勢いるからです。

 

その発言を聞いた僕はノートにメモを取りました。それから自分の持っている柄シャツを確認し、そこに含まれている色をピックアップしました。マジか。『マトリックス』一作目で主人公のネオが「カンフー習得」と言ったシーンを思い出しました。

 

今年はかっこいいサンダルとニットポロを追求していきたいと思います。

 

まだ同じ仕事をしています。ワクチン休暇があるのでそれを使ってやりたかったのです。

 

まだ夕陽がエグい。静かな日々の階段を……